スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
おひさしぶりです
みなさま、お久しゅうございます。

このブログ、決して忘れていたわけではございません。もはや存在すら頭のなかになかったのです。
いいかげんな野郎ですみません。

さて、この気温差が激しい今日このごろ、みなさん体調など崩されていませんでしょうか?
三寒四温といいますが、あまりにも気温差がすごるぎますよね~。

まあ、こうやってだんだん春に近づいていくんですが・・。


くれぐれもお体には気をつけてくださいね。



スポンサーサイト
未分類 | 18:41:16 | トラックバック(0) | コメント(1)
大寒の真っ只中
みなさま、こんばんは

季節も世の中も寒い真っ只中でございますね。(おいらだけか?)

ところで寒~いといわれる今年の冬、本当に寒かったのか?私のまわりは、みんな寒いといいますが、今年はけっこう気温自体は高いほうなんですよ。

雪がたくさん降ったのでみなさん寒いといわれますが、以外に暖冬傾向なのでは?



この日本というところ、本当に四季の変化が激しい場所です。

しかしながら四季の変化があるところがいいのかもしれません。日本に住んでいる限りこの四季の変化とうまくつきあっていかなければなりません。

あくまでも私の考えなのですが、居住空間もただ高気密・高断熱にし空調機器にたよるだけではなく、風や光をじょうずに採り入れるように工夫したいものですね。



テーマ:建設業 - ジャンル:ビジネス

未分類 | 19:57:54 | トラックバック(0) | コメント(2)
瑕疵担保保険について
皆様、お久しぶりでございます。
少しばたばたしていて、さぼりまくっていました。すみません。
なるべくがんばって書くようにがんばります!

今日は、瑕疵担保履行法に伴う瑕疵担保保険についてお話しましょう。
これって何なの?ですが、ようは施工不良に対する保険です。

何年か前の事件(耐震偽装事件)を受けてできたものです。
建物を建てた業者には10年間の瑕疵期間(不良施工をきちんと直す期間)があるのですが、その業者がつぶれてしまったら困るということで保険に入りなさいというものです。

今年の10月以降に引き渡す物件に対してはこの保険に加入しないといけないのです。
ようは消費者を保護するための法律を受けてのものです。

今まで間違いのない施工をしてきた業者にとっては面倒になっただけなのですが・・・。



未分類 | 22:05:08 | トラックバック(0) | コメント(0)
断熱について
みなさん、こんばんは
今日は断熱についてお話しましょう。

断熱とは?
みなさん、冬に窓ガラスが結露しているのを見たことがあるとおもいます。結露は、なぜおこるのか?
家の内外の温度差でおこるのですね。

中学校くらいの理科で勉強したと思いますが、ある温度の空気にはもてる水分の量が決まっています。それ以上になると空気が水を持てなくなって結露するというわけです。

では家の内と外の温度差があるのに結露を防ぐにはどうするのか?
断熱ですね。最近の窓のペアサッシ あれも一種の断熱材です。窓と窓の間の空気が断熱材になっているわけです。

最近の家には、外気に接する部分の壁や天井にはすべて断熱材が入っています。
快適な生活を影から演出しているわけですね。

未分類 | 20:35:48 | トラックバック(0) | コメント(0)
ライフスタイルの変化
ライフスタイルの変化について

昨日のお話の続きになっちゃうかもしれませんが、人の暮らし方は年によって変化していきます。小さな子供は大人になりますし、大人は次第に老人になっていきます。(当たり前か~)

例えば若いうちに家を建てた人などは、あまり和室を好みませんね~。ですから年をとってから仏壇の置場にこまったり、和室で行う行事ができなかったりします。
必ず和室がいるということをいっているのではありません。

ただその時のライフスタイルについていける間取りを考えたほうがよいのではないでしょうか?必要になってから直して作るよりも最初から作っておいたほうがよいですよね。

よい間取りの家になると親の世代から子供の世代へと間取りを変えなくても使えます。

最初から生活は変化し続けることを念頭においてお家を考えましょうね。


未分類 | 12:44:25 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。