スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
昨今の建設需要について
皆さん、こんにちわ。今日は、昨今の建設需要についてお話しようと思います。なぜこんな暗い話を、と思われるでしょうがこれが実際です。現実を知るということですかね。
皆さんも新聞等で読んでご存知のとおり毎日のように建設業者の倒産情報がでていますよね。なぜこんなにいっぱい建設業者が倒産するのか?
答えはいろいろあると思います。景気が悪いので仕事量が少ないというのも確かに一つの答えではないかと思います。バブル景気の頃と比べると建設産業全体における投資額は約半分になっています。需要が半分になるとやはり業者(供給)も減りますよね。しかしながらバブルの頃と比べても業者はまだ1割程度しか減っていないのです。(大きなところが倒産してもまた新たに小さなところがでてくるというのもありますが)
ということは、まだまだ熾烈な競争は終わらないということですね。
景気が悪くなると一番先に削られるのは、設備投資です。一般の方々もお家を建てようとはなかなか思いませんよね。(逆にいろいろな減税措置がある時期でもあるのですが)
こういうときだからこそチャンスと思われる方もたくさんいらっしゃるのですが。

生き残る為にどうしなければならないのか、どうするべきなのか、日々みんな悩んでいる訳ですね。

スポンサーサイト

テーマ:建設業 - ジャンル:ビジネス

業界 | 11:20:52 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。