FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
既製品建材
今日はまた暑い日になりましたね~。

最近の建材についてお話してみましょう。
各建材メーカーから出ている建材のすばらしさには目をみはるものがあります。フローリングや室内ドア・窓枠に至るまでありとあらゆるものがあります。色もいろいろ選べますしね。

一昔前までは、例えば室内のドアならば大工さんがドア枠を削って取り付け、建具屋さんがドア本体を作り、ペンキ屋さんが塗装するといった感じで手間もお金もたくさんかかりました。

今では、カタログで建具を選ぶだけで仕上がったものがきます。材質や仕上がりも均一ですし。楽になりました。でもそれだけ職人の仕事が減ってしまったのですが・・・。

それでも昔ながらに作った建具なりがいいというお客様もいらっしゃいます。

本当に職人さんが作ったものがよいのか、工場で生産されたものがよいのか、
さて、皆さんならどちらを選ばれますでしょうか?


スポンサーサイト
材料 | 12:42:47 | トラックバック(0) | コメント(0)
タイル
今日はタイルについてお話しましょう。

一昔は、お風呂の床・壁、便所などによく使用されましたが、最近は外壁や玄関の床が多いですね。
住宅になると、ポーチの床と玄関の床くらいしか使用されなくなりましたね~。
タイル屋さんの仕事が減っちゃいましたね。

ところでこのタイル、材質でだいたい次の3種類くらいに分別されます。
磁器質タイル、せっ器質タイル、陶器質タイルの3つですね。何が違うかというと吸水率ですね。
先ほどの順番で水を吸いにくいんですね。
玄関の床やポーチの床にはだいたい磁器質タイルが使用されますね。

今日はお客さんからクレームというほどではないですが、タイルの目地が白くなって固まっていると報告があり直しにいってきました。

これは白化現象(エフロレッセンス)と呼ばれるものです。
セメントの硬化により生成する水酸化カルシウムが水によって表面ににじみ、大気中の炭酸ガスと化合して炭酸カルシウムとなり、タイル表面等に沈着する現象です。
鍾乳洞と同じ理屈ですね。

薄めた塩酸でこすって除去してきました。目地セメントを混ぜるときに防水材を添加してやればある程度は抑えられるのですが・・・。

もっともっとよい施工を心がけなければなりませんね。


テーマ:建設業 - ジャンル:ビジネス

材料 | 16:54:08 | トラックバック(0) | コメント(0)
シーリングについて
ほとんどの方が明日からお休みみたいですね。
いいなあ~、うちの会社は日曜日からです。

晴れているいいお天気の今日にはあまり関係ないお話ですが、今日はシーリング材(コーキング材)についてです。
お家を雨から防ぐ大事な材料です。よくサッシの廻りなどに施工されていますね。

最初はどろどろとして手にもくっつくようなものですが、次第に硬化してゴムのようになります。俗に不定形材料といわれるものです。
水をはじくので防水材料として使われるわけです。

コーキング屋さんは、シーリングする場所にきれいにテープを貼ってプライマー(シーリング材の接着を増強するもの)を塗りシーリングを打ち、へらで押えるのです。皆さんきれいに仕上げられますよ。

いまやサッシ廻りやドア廻り、壁等の取合部分の水漏れを防ぐのになくてはならない材料です。

テーマ:建設業 - ジャンル:ビジネス

材料 | 12:38:42 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。