FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
消防法について
今日は消防法についてお話しましょう。

なんで消防?と思われるかもしれませんが建築物と消防法は切っても切れない関係なんです。
なんでかって?そうです、建物は火事になっちゃうかもしれないからです。

みなさんご存知かもしれませんが、最近では住宅の寝室や階段部分、火気使用室には火災警報器の設置が義務図けられましたね。あれも消防法なんです。

以前お話した、建物を建てる際に必要とされる確認申請は所轄の消防署にも書類がまわります。
建物が消防法にあった建物になっているかを確認するんですね。

大勢の人が集まる建物なんかは特に必要ですよね。デパートや映画館、すべて消防法にあった建物になっています。

何年か前に東京の新宿歌舞伎町ビル火災がありましたよね。残念なことにたくさんの人が亡くなってしまいました。あの建物のしっかりと消防法に適合していれば、あんなにたくさんの人が亡くならずにすんだのかもしれません。

法律で定められているのは、あくまで最低限の基準です。適合させるのは当たり前、より安全な側へシフトさせることを忘れないようにしないといけませんね。


スポンサーサイト

テーマ:建設業 - ジャンル:ビジネス

建築法令 | 20:00:55 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。