FC2ブログ
構造材について
今日は建物を構成する部材についてお話しましょう。

皆さん、思い浮かぶのはどのようなものがありますか?柱、梁、桁等いろいろありますね。
その大きさ(断面寸法)はどのように決められていると思われますか?前にも一度お話したかもしれませんが、建物にかかる荷重を計算してその力に耐えられるようにされているわけです。

その中でも木造建築物(住宅等)で大事なのは、筋交いや面材で構成される壁(耐力壁)です。水平力(地震・風)に耐えられるようにしなければなりません。
例えば木で箱型の模型を作ったとしてもなにかつっぱりがなければすぐに倒れてしまいますよね。それと同じ理屈です。

実際の木造建築物では、筋交い等をいれるわけです。ちょっと難しくいうと壁倍率1の壁は1メートル当りだいたい200?の力に耐えられるんです。皆さんの家には(在来工法)ですと、だいたい壁倍率2の壁が多いと思いますから筋交いの入った壁1メートル当り400?の水平力に耐えられるわけです。
壁(耐力壁)がバランスよく、またたくさん入っている家は、やはり地震に強いということです。

日本という国は、やはり地震の多い国です。過去に大地震のおこっていない場所でも起こる可能性はゼロではありません。(能登半島や東北であったように)
地震(水平力)にきちんと耐えられる家をつくりましょうね。

テーマ:建設業 - ジャンル:ビジネス

建築構造 | 15:41:12 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する